対象をしっかり絞る

例えば、「外国人を相手にして、インバウンドビジネスを展開していこう!」とただザックリとビジネスを始めても、成功する確率は低くなってしまうでしょう。
なぜならひとくちに「外国人」といっても、住んでいる国や地域・収入・宗教・年齢・団体客か個人客か・それぞれの好みなどによって、日本旅行に求めるものや、旅行している最中の動向などが大きく変わってしまうからです。

また外国語で表示をする場合、世界共通語とされる英語での表示を行ったとしても、英語圏以外から訪れる観光客相手にはあまり意味をなさないケースだってあります。
対象となる国や地域および文化圏を明確にしておくことは、特に必要となってくるでしょう。

既に日本国内には、様々なものやサービスであふれています。
その中で自分達が展開していくビジネスを選んでもらうためには、より魅力を感じてもらえるようビジネスの方向性を定めたり、訪れたり手に取ったりしてもらいやすい環境を作ったりプロモーションをしたりなど、選んでもらうための作業が必要となってきます。
その場合、どういったターゲットを対象にするかを明確にしなければ、ターゲットに有効となるプロモーションやサービスの提供は難しくなってきてしまうでしょう。

そしてターゲットを明確にしたあとは、よりそのターゲットについての好みや需要などの情報収集を進め、集めた情報を今後の展開に反映させるということが大事になってきます。
限られた資金や労力を無駄にせず、より有効なプロモーションやビジネス展開ができるよう、ターゲットはしっかり絞っていくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です