飲食店

インバウンドビジネスに関するポテンシャルを持っているのは、自治体だけではありません。
そして現在、様々な業種の中でも、成功の可能性が高いとして注目されているのは飲食店だと言えるかもしれません。

なぜなら旅行において「食」というのは、世界共通で楽しみにしている方の割合が高い分野であるからです。
そして日本食は世界中の様々な国や地域で広まったことで認知度が非常に上がっており、日本食が食べられる飲食店は世界各地に存在します。
そういった世界各地の日本食レストランや様々なメディアで日本食を知った方が、「せっかくならば日本に行って、本格的な日本食を体験してみたい」と思うのは自然だと言えるでしょう。

また日本食以外にも、世界各地の料理メニューを日本流にアレンジして提供している飲食店が、日本国内には多数存在します。
そして世界でも食の権威として広く知られている「ミシュランガイド」には、日本の飲食店も多数掲載されており、そのラインナップは日本食をはじめ、それ以外のメニューなど多岐に渡っています。
これは日本の食文化が一定以上の質を持つという証のひとつという見方もできるでしょう。
そういった店で食べられる料理を楽しみに来日する、という方も少なくはないようです。

ただし飲食というのは、特に文化の違いが出やすい部分でもあります。
国によっても大きく違いますし、同じ国の中でも地域が違えば文化や考え方や礼儀作法が大きく変わることだってあります。
特に日本特有の料理メニューを提供する場合など、来店する外国人観光客が食べ方や作法などを理解できず戸惑うという場合も多くみられる可能性も高くなります。
もし飲食という形態でのインバウンドビジネスの展開を考えているならば、訪れる外国人観光客がどのような考え方をするかをしっかり理解し、外国語のメニューを用意したり、適切な案内ができるようにしたりなどの準備を丁寧に進める必要があるでしょう。