製造業者とインバウンド

日本の人口は減少しつつあるほか、徐々に物が売れにくい時代となってきています。

ですが外国人観光客の購買力は衰えるどころか、むしろ強まっているとの見方もされています。
この要因としては、訪日外国人観光客の増えていることや、ネットで世界中に気軽にプロモーションできるようになったことなどがあげられるでしょう。

現状「日本製」というのは、品質的にかなり信頼できるブランドとして確立されているとも言えます。
ですがいくら日本製だからと言って、何でも売れるというわけではありません。

もし製造業者などのメーカーでインバウンドビジネスへの展開を想定している場合、外国人観光客らがどのようなものを欲しているかという需要をしっかり見極め、自分達の製品の魅力をさらに高めたりプロモーションしたりしていくとよいでしょう。